革靴を買う時、レザーソールとラバーソールどちらを選ぶべきか

革靴のソールには、大きく分けてレザーソール(革底)とラバーソール(ゴム底)があることをご存知ですか?

ラバーソールは低価格〜高価格まで幅広く使われているのに対し、レザーソールは主に高級靴に多く使われています。

実際何が違うのでしょう??

Gennojiです。

今回は革靴を買う時、レザーソールとラバーソールどちらを選ぶべきかについてお話しします。

レザーソールが高級靴によく使われていることを考えると、レザーソールの方が優れていると思うかもしれません。

しかし、大切なのはそれぞれの特性を理解して使い分けることです。

それぞれメリット・デメリットがある

車のタイヤはゴム製しかないですが、なぜ靴底にはレザーソール(革底)とラバーソール(ゴム底)の二種類があるのか?

それは、それぞれの素材にメリットとデメリットの両面があるからです。

その点を理解することで、ご自分の生活環境に適した靴を選ぶことが出来ます。

それでは詳しく見ていきます。

レザーソールのメリット・デメリット

《メリット》

・様々な表現が可能で、ドレッシーに仕上がる

・革底特有の足馴染みの良さがある

・ゴム底に比べて通気性が良い

革底には「革」という素材の特性が活かされた魅力が多くあります。

底面のウエスト部分を盛り上げ、曲線美を表現する「フィドルバック」や、ウエスト部分のコバをグッと絞り込みグラマラスに見せる「ベベルドウエスト」という技法は革底でないと出来ません。

もちろん、これらの表現はあくまで「見た目」の違いですが、ラバーソールに比べてレザーソールの方がドレッシーな印象なのは言うまでもありません。高級靴にレザーソールが多用される理由の一つです。

革底は足馴染みの良さも魅力です。

最初は硬い革底ですが、使い込むうちに屈曲部が柔らかくなり、表革同様にソールも馴染んでくる感覚は革底特有のものです。

また、革底の方が蒸れないと感じる方もいます。

これはグッドイヤー製法の靴では分かりづらいですが、マッケイ製法などシンプルな構造の靴だと実感出来ることです。

《デメリット》

・水に弱い

・ゴム底に比べてグリップ性が弱い

・価格が高い

一方で革底は雨の日には向きません

革は水に濡れると柔らかくなる性質があるので、雨に濡らすと変形しやすくなります。

また内部に水を通してしまうことで快適に履くことが出来なくなり、靴の劣化にも繋がります。

革底はよく滑りやすいと言いますが、乾いた路面ではそこまで気になりません。

しかし、濡れた路面では非常に滑りやすくなるので雨の日はラバーソールにしましょう。

雨用の革靴用意してますか?雨の日に履く靴について考える。

また、ソールの修理価格などを見るとラバーソールに比べてレザーソールの方が価格が高いです。これは天然素材なので仕方ないところです。

ラバーソールのメリット・デメリッ

《メリット》

・水に強い

・革底に比べてグリップ性が良い

・摩耗に強い

ラバーソールにも優れた点があります。

何より雨の日に安心して使えます。

水にも強くグリップ性の高いラバーソールは雨の日の必需品です。

また、ラバーの素材にもよりますが一般的にはラバーソールの方がレザーソールより摩耗に強いです。

その為、レザーソールの靴であっても摩耗し易いヒールの一部にはラバーを組み込んでいたり、つま先をラバーで補強したりするのです。

《デメリット》

・ドレッシーさに欠ける

・革底に比べて足馴染みが劣る

・通気性は無い

一方でラバーソールにもデメリットはあります。

紳士靴で一般的に使われるラバーソールは、レザーソールより厚みがあります。その為ラバーソールの靴は厚く重く見えドレッシーさに欠けます。

一応言っておくと、フォーマルな場にラバーソールを履いていったからといって咎められるなんてことはありません。あくまで個人の好みです。

しかし、レザーソールのような足馴染みや通気性をラバーソールに求めることは出来ないです。

レザーソールとラバーソールどちらを選ぶべきか

それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらかのソールが優れているというわけではありません。

ご自分が使用する状況に適したソールを選ぶことが大切です。

例えば、仕事で歩くことが多く雨の日にも使える靴が欲しいのであればラバーソールを選ぶべきでしょう。

晴れの日にしか履かないし、こだわりのある靴を手に入れたいと思うならレザーソールにしてみてはいかがでしょうか?

最後に

今回は革靴を買う時、レザーソールとラバーソールどちらを選ぶべきかについてまとめてみました。

ここまで読んで、やっぱりラバーソールで十分と思った方はどうぞ気兼ねなくラバーソールの靴を使って下さい。

しかし、レザーソールを履いてみたいと思った方は、ラバーソールと同じ感覚で使ってしまうとデメリットばかりに目がいきレザーソールの本当の魅力に気付けません。

少なくとも雨の日にはレザーソールを使わない心がけをしていただければ、レザーソールを快適に履くことが出来るでしょう。



あなたの街の靴屋「Life with shoes」の店主。 (@Gennoji_LWS
国内外で靴作りをした元靴職人。
これまで5000人以上の足をみて靴選びのお手伝いをしてきました。
足に合った靴の選び方、印象を良くする靴のお手入れ、靴を長持ちさせる付き合い方をお伝えします。